青い月影

      2014/01/26

『ペコス・グーフィーのフロンティアレビュー』が終了すると聞き、せっかくなのでとダイヤモンドホースシューに行ってきました。

入場してすぐのガラス板に、あるキャラクター達が描かれています。

こちらはペコス・ビルと愛馬のウィドウメーカー。

こちらはダイヤモンドホースシューの主人でもあるスルー・フット・スー。

映画で初登場した際のオオナマズを乗り回している姿。

わたしゃこの二人が見れただけで4000円払った価値を見出せたよ。

・・・普通にショーも料理も素晴らしかったので、ペコスグーフィー終了前にぜひ一度足をお運びいただきたい。

=================

『メロディ・タイム(1948)』より「青い月影(英語)」

というワケで元ネタ。

いぴあいえー。いぴあいおー。

 - スルーフットスーのダイヤモンドホースシュー